自己タイミング法で妊娠出来るか挑戦

自己タイミング法で妊娠出来るか挑戦

夫婦で相談し、基礎体温表を見ながら排卵日を自分で予測してタイミングをとってみることにしました。平日に重なることもじばしば。お互いフルタイムで仕事をしていた為キツイ…。

Advertisement

でも月に僅かしかない期間を逃したくないので、基礎体温とおりものの変化を元に頑張りました。

排卵日(排卵が起こる日)とは…

卵子が卵巣から飛び出し、卵管に入り受精を待つことを指します。
月経周期が28日の場合、次の月経開始予定日の14日前に排卵が起こります。
また、基礎体温がガクッと下がった日付近が排卵日です。
排卵日直前になると、おりものの量と粘り気がピークになるので目安の一つになります。
排卵日前後が妊娠の確立が高いと言われていますが、実際は排卵日の2~3日前が最も妊娠の確立が高くなるようです。

そして高温期後半になるにつれ、ダルさを感じて少し気持ち悪いような…

気になって気になって…
少し早いけど妊娠検査薬を使ってみることにしました。

しかし…

なんと尿量が足りなくて失敗(汗)
判定線も終了線も出ませんでした。

何を思ったか私はそれを再利用しました…

すると…

Advertisement

くっきり陽性に‼

かなり動揺しました。
ですがやはり再利用なので、確実ではありません。二本入りの検査薬を購入していたので、翌日にまた検査してみることに。

翌日。

真っ白…

やはり昨日の陽性は誤反応だったようです。
ただ気がかりなことがありました。それは、翌日の検査は仕事から帰宅後にしたのですが、自転車を全速力でこいで出社し、休憩時間にトイレに行ったら微量の出血があったこと…。

まさか流産…

その時はそう思いましたが、おそらく違うでしょう。
長い間不妊治療をしてきた今なら分かりますが、誤反応です。

その後何ヶ月か自己タイミング法で挑戦しましたが、まったく妊娠する気配がないので違う病院に行ってみることにしました。

その病院でショックな出来事が…

それはまた次回の記事に。