主治医に排卵誘発剤と漢方の併用を勧められた

主治医に排卵誘発剤と漢方の併用を勧められた

前回初の排卵誘発剤(クロミッド)でしたが、妊娠に至りませんでした。
そして今回は漢方を勧められることに。
クロミッドと漢方の併用です。
少しずつでも治療に変化が出てくると前向きな気持ちになれました。
でもその後、ショックな出来事が…。

Advertisement

漢方の名前は、
「柴苓湯(サイレイトウ)」

体の水分バランスを調節して、流産などを予防する働きがあるそうです。

早速自宅に帰宅後、ぬるま湯に溶かして飲んでみました…。
はっきり言って、マズイ!!!

しかも食前に服用のなので、お腹が水分でチャポチャポ…。
食欲も減です…。

でもこれで少しでも妊娠しやすい体になるのなら、頑張れます。
クロミッド、漢方、子宮内膜症による下腹部痛で飲んでいるロキソニン…。
この時、自分の体も少し心配でした。

Advertisement

ちなみにこの周期の結果ですが…

 

陰性…

 

フライング検査をしても、かすりもしませんでした。

仕方なく、生理が来てからまた病院に。

今回はいつもと違う先生の診察でしたが、
「子宮卵管造影検査受けてないの!?」とビックリされました。

その先生曰く、もっと早く検査するべきだったそうです…。
そんなこと言われても今までの先生は何も言ってなかったし…。このことをきっかけに少しずつここの病院が信用出来なくなっていきました。
そして、ショックな出来事が…。

Advertisement

子宮内膜症がさらに大きくなっているとのこと…。

こんな状態で妊娠したらどうなるのか不安になり聞いてみたところ、
衝撃の答えが…

 

「妊娠した場合は、妊娠初期に手術になります。」

 

「え???手術!??」

 

この時私はパニックになり、頭の中が真っ白に…。
何だか大ごとになってきました。

気持ちの整理が付かないまま、とりあえず子宮卵管造影検査の予約をして帰宅しました。