卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状に要注意

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の症状に要注意

排卵誘発剤を使用した治療で最も怖いのが「卵巣過剰刺激症候群(OHSS)」です。
何も知らないでいると重症化することもあるので、しっかりと理解してから治療を進めていきましょう。
では、私が病院で聞いたことを元に卵巣過剰刺激症候群について説明していきたいと思います。

Advertisement

卵巣過剰刺激症候群とは?

不妊治療での排卵誘発剤(特にゴナドトロピン製剤)の使用によって卵胞が過剰に刺激されて、卵巣が腫れたり、腹水や胸水が溜まる卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になることがあります。
また、進行すると血液が濃縮されることにより血栓症や腫れた卵巣の茎捻転を起こす可能性もあります。
卵巣の腫れや腹水が重症化した状態を、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)と言います。

気を付けるべき症状は?

・お腹が大きくなってつっぱり感がある
・下腹部痛や腫れがある
・いつもより尿の出が悪い
・とても喉が渇く
・息切れや、呼吸が苦しい
・足などにむくみがある

軽度の症状は問題がない場合が多いそうですが、自己判断せず気になったら主治医に相談しましょう。
重症化した場合は、点滴や入院を勧められたり、誘発の途中で中止する場合もあるそうです。

Advertisement

どのような人が卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすい?

多嚢胞性卵巣症候群(PCO)の人は、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすいと言われています。
また、排卵誘発をした際に成熟卵が10個以上ある時は要注意です。

重症化しやすい人の治療方法は?

・誘発方法を主治医と相談し、出来るだけ一度に沢山排卵しないように調節する
・体外授精や顕微授精に切り替える

私の場合の排卵誘発について

私は多嚢胞性卵巣症候群(PCO)でした。今後のブログで詳しく書いていきますが、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になるのではないかと不安だったことを覚えています。
ちなみに実際の所は大丈夫でした!!
私の場合は、主治医が卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になる可能性を考慮して、ゴナドトロピン製剤(注射薬)を使用しなかったからかもしれません。
身内に卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になった人がいますが、かなりの激痛で入院したとのことでした。

最後に

不妊治療で最も頻繁に行われている排卵誘発ですが、リスクもあるのでしっかり理解してから治療を進めて欲しいと思います。
上記のような症状が現れたら、すぐに病院に相談しましょう。