紹介状をもらう為に嘘をつく

紹介状をもらう為に嘘をつく

7.5cmの子宮内膜症子宮卵管造影検査を受けて危険はないのかセカンドオピニオンを受けたところ、リスクはあるようで紹介状をもらってきてほしいとのことでした。
紹介状をもらえたのは良いのですが、中身にビックリ…。

Advertisement

嘘をついて紹介状をもらいに行く

小心者の私は、嘘をつくことにしました。

内容は、

 

「先日物凄い腹痛に襲われ救急で総合病院にかかって、今度そこで子宮内膜症の手術をすることになったので、紹介状を頂けますか?」

 

我ながら良く考えました。

病院に行く前に一度電話で聞いた時には、直接先生に話してから紹介状を書いてもらってほしいと言われていたのですが、いざ病院に行ってみると少し看護師の方に事情を話しただけで、紹介状をもらうことが出来ました。ラッキー!!

 

これでやっと治療が出来て前に進めます!!

恐らく手術になりますが、総合病院なら何かあっても対処出来ると思うので頑張っていこうと決意しました。

Advertisement

雑な紹介状の中身

やっと手に入れた紹介状を持ち、総合病院へ行きました。

先生が紹介状を開封し、中身を出すと…

 

そこに記載された情報は、CA125(腫瘍マーカー)と以前受けた子宮癌検診の結果のみ…

 

これから子宮内膜症の手術を受けようというのに、それについての情報一切なし!!
今までどのくらいのスピードで大きくなっているのかぐらい記載してくれ!!

転院するからということで、適当だったのでしょうか…。
前の病院に腹が立つと同時に転院して良かったと思いました。

 

検査予約

先生と話した結果、子宮内膜症の詳しい状態を見たいということで、MRIの予約をしました。
あとは卵巣年齢を知ることが出来る、AMHの血液検査を受けて帰宅しました。