子宮内膜症、まさかの診断に動揺

子宮内膜症、まさかの診断に動揺

自己タイミング法を何ヶ月か続けても妊娠しなかったので、前回の記事「自己タイミング法で妊娠出来るか挑戦」にも書きましたが病院を変えてみることにしました。そこで、まさかの結果が…。

Advertisement

病院に行くのは、子宮癌検診を受けていたので3ヶ月ぶりくらい。

先生に自己タイミング法で妊娠出来なかったことを説明しました。
「じゃあエコーで見てみましょう」
ということになり内診台へ。

ここの病院は自分でもモニターが見ることが出来ます。

???

何か黒い影があるような…

卵胞が大きいのかな…

自分で色々考えていると、

先生が、
子宮内膜症かも…。しかも5cmくらいあるなぁ…」

 

!!!

 

えー!!!!!

だって3ヶ月前にエコーやった時は何も無かったのに…。
いきなり5cmだなんてそんなことある?
色々な気持ちが試行錯誤して、かなり動揺しました。

とりあえず血液検査をしてみましょうとのことだったので採血室へ。結果は後日。

今回調べた血液検査の項目は、CA125(腫瘍マーカー)でした。

私の結果は、

CA125→44.4(基準値35.0以下)

基準値より少し高いですね。
やはり、子宮内膜症だろうとのことでした。

この検査は、
・婦人科系疾患
・癌
・良性腫瘍
などで高値になることがあるそうです。

CA125は糖タンパクの一種で、普通は子宮内膜や卵巣のう胞、卵管などでごく少量生産されます。例えば卵巣癌であると大量に生産され、500ml以上だとその可能性が高くなるらしいです。

こんなに恐ろしい検査だったなんて…

とりあえず、今後の治療について先生と相談しました。

子宮内膜症がもう5cmもあるから手術対応の大きさだけど、妊娠希望だからタイミング法をやってみましょう」
「もっと大きくなる前に妊娠しちゃえば大丈夫だよー!!」

とのことでした。とても軽いノリだったことをよく覚えています…。
要するに、子宮内膜症は生理の度に大きくなっていくので、妊娠して生理が止まれば良くなってしまう可能性があるそうです。

Advertisement

不安もありましたが、先生の言葉を信じてタイミング法で進めていくことになりました。
生理がきたら5日以内に来院と伝えられ、帰宅しました。

帰宅後、主人に結果を報告。
多少驚いてはいましたが、前向きに治療を進めていこうという結論になりました。
この時はまだ、物事を軽く考えてしまっていたと思います。

とにかく、内膜症がこれ以上大きくなる前に妊娠出来ますように…。と願うばかりでした。