無排卵月経から次の生理開始日に驚く

無排卵月経から次の生理開始日に驚く

生理開始日から19日目にまた出血が始まりました…。
こんなに次の生理が早く来たのは初めてです。前回の記事、右下腹部痛と微熱が続く原因は?にも書きましたが、先生に排卵しそうもないと言われていたので、無排卵月経なのかもしれません。

Advertisement

無排卵月経とは?

その名の通り、生理があり出血しているのに排卵していないことを指します。通常の生理より少量の出血が続くことが多いのが特徴です。ホルモンバランスの乱れや、ストレス、痩せすぎなども無排卵月経の原因になります。基礎体温は排卵がない為高温期がなく、排卵日付近に起こる体温の一時的低下もありません。
現代は無排卵月経の人が増えてきていて、気付かぬうちに不妊症になっている場合があるそうです。

 

私は不安な気持ちで病院に行きエコーで見てもらうと、やはり無排卵月経でした。

いったい何周期無駄になっていくのでしょう…。
子宮内膜症も大きくなってきているし、生理は安定しないし妊活どころではなくなってきました。

 

そして、無排卵月経で出血が終わってから一週間…。

なんとまた出血が…。

生理?不正出血?

初日はごくわすかの出血でしたが、だんだん量が多くなっていきました。

怖くなったのでまた病院に行きエコーをしてもらうと、恐らく生理だろうとのこと…。

Advertisement

完全に私の体はおかしくなってきています…。
しかも最近毎日、右下腹部痛がしてロキソニンが手放せません。毎日数回ロキソニンを服用していますが、それも体に良くなさそう…。

先生は、子宮内膜症のこともあるので早く妊娠した方が良い為、排卵誘発剤を使ってみようと提案してきました。
私も早く妊娠したかったので、その提案に賛成でした。

薬の名前はクロミッド
生理5日目から、5日間服用します。

その経過は次回のブログで。